忘れられた偉才・岩瀬忠震

第1回 忘れられた偉才〜その1

語り手:大江戸蔵三
都内の某新聞社に勤める整理部記者。三度のメシより歴史が好きで、休日はいつも全国各地を史跡めぐり。そのためか貯金もなく、50歳を過ぎても独身。社内では「偏屈な変わり者」として冷遇されている。無類の酒好き。

聞き手:墨田なぎさ
都内の某新聞社に勤める文化部の新米記者。あまり歴史好きではないのだが、郷土史を担当するハメに。内心ではエリートと呼ばれる経済部や政治部への異動を虎視眈々と狙っている。韓流ドラマが大好き。

カモメだけが知っている

こんにちは、大江戸さん。文化部の墨田です。今度都内版で「向島の歴史と人物」っていう企画を始めるんですけど「そういう企画なら、まずは大江戸さんに聞いてこい」ってウチのデスクが言うもんですから、整理部の方へお邪魔したっていうワケです。それにしても、大江戸さんって変わった名前ですね。なんかの芸人みたい。

それは江戸屋猫八のことか?失礼なヤツだな。キミだって売れない演歌歌手みたいな名前じゃないか。ワタシはこう見えても忙しいんだよ。キミと付き合ってる時間なんかないの。さぁ、帰った、帰った。

まぁ、そう言わないで。タダでお話を聞こうなんて思ってませんよ。デスクが「蔵三さんの好みだから探してこい」って言われて、これを苦労して見つけてきたんですよ。


おおっ、これは「香露」の大吟醸じゃないの!熊本酒造研究所、協会9号酵母発祥の蔵だよ。いやぁ、これが飲みたかったんだよ。キミも生意気なだけかと思ったら、結構いいとこあるじゃないの。ところで、何を聞きたいんだっけ?

「向島の歴史と人物」っていうテーマです。江戸時代には高級料亭で賑わった花街としての顔や、文人墨客が愛した風光明媚な観光地としての向島を現代によみがえらせようという企画です。

なにメモ読みながら言ってんだよ。だいたいブンジンボッカクなんて普段から使い慣れない言葉使うから棒読みになっちゃうんだよ。


エヘへ。てへぺろ☆



何がてへぺろ☆だ!キミはソフトバンクの回し者か!そもそも、向島は何で向島と呼ばれるようになったか知ってるのか?


それは調べてきましたよ。え〜と、隅田川が江戸時代には浅草川とか大川って呼ばれていて、その川の向こう、つまり浅草の方から見て対岸にある島だから「向島」。


それは俗説のひとつだな。でも、それで向島って呼ぶんだったら本所とか深川の辺りだって向島だろ。江戸時代の向島は小梅村、須崎村、小梅瓦町を合わせたエリアだ。最も信憑性が高いのは、三代将軍家光の時代、現在の都立忍岡高等学校付近に「隅田川(関屋)御殿」という将軍の休憩所が建てられた。で、そのお庭を幕府が「向島」と呼んだのがきっかけで、その後、この御殿周辺を「向島」と呼ぶようになったという説だ。

さすが向島。由緒正しいじゃないですか。それでその隅田川御殿はどうなったんですか?


取り壊されて、隣接していた木母寺の境内になったけど、景色がいい場所だったから風流を楽しむ粋人達が集まってきた。それがキミの言うところのブンジンボッカクだな。酒井抱市とか太田南畝なんてのは、キミも聞いたことあるだろ。

あっ、知ってます。「なんでも鑑定団」で偽物が出てましたよ。



なんだよ、そういう話かい。その後は、墨堤のあたりに桜が植えられて、花の名所になってからは一般庶民も訪れるようになってますます賑やかになったというお話。まぁ、向島の歴史なんざ、こんなもんでいいだろ。

それじゃ記事になりませんよ〜。もっと渋いエピソードとかないんですか?「知る人ぞ知る」みたいな…。


「知る人ぞ知る」ねぇ。う〜ん、待てよ〜、そう言えばいるなぁ。忘れられた偉才が一人。幕末の日本を救う偉業を成し遂げたのに政争に巻き込まれて蟄居を命ぜられ、向島の地で悠々自適に暮らしながら44歳の若さでひっそりと亡くなった。白髭神社に墓碑もあるんだ。

へぇ〜、そんな凄い人ならワタシでも知ってますよね。



ところが、歴史好きでも知らない人が多い。名は岩瀬忠震(ただなり)。幕末期に活躍した最も重要な幕臣の一人だ。号は鴎所。カモメの居場所ってな意味だな。向島に住んでたからつけた号だ。幕末の幕臣といえば、勝海舟は誰でも知ってる。小栗上野介もまぁ有名だけど、岩瀬ナンタラって言ってもたいていの人は知らないだろ。「カモメだけが知っている」ってなもんだな。

そうですねぇ。初めて聞きました。何をした人なの?



それはおいおい時間をかけて説明しようじゃないの。その前にこの大吟醸を一杯やらないとね…。


えぇっ、まだ仕事中じゃないですかぁ…。


ページトップへ戻る